協奏曲

クラシック

ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲 ミンツ&シノーポリ

ベートーヴェンは、完成したヴァイオリン協奏曲は、この1曲しか残していません。この曲の作曲過程は明確ではありませんが、第5交響曲のスケッチの中に、ヴァイオリン協奏曲の第一楽章の輪郭と第三楽章の冒頭の主題を記したものが認められています。
クラシック

ベートーヴェン ピアノ,ヴァイオリンとチェロのための協奏曲 チョントリオ

三重協奏曲が、作曲されたのは、ちょうど英雄交響曲を作曲していた1803~04年と思われます。出版は1807年で非公式には、完成後ルドルフ大公邸で行われた。公式の初演は、1808年5月のウィーンのアウガルテンにおいて、ヴァイオリンのイグナツ・シュパンツィヒ他の独奏によって行われました。
タイトルとURLをコピーしました