ポップス

ポップス

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド ザ・ビートルズ

コンセプト・アルバムという事で、曲と曲のすき間(バンド・ブランク)がないのも、当時としては珍しかったし、 付録としてペパー軍曹のヒゲや肩章などの切り抜きがついていたのです。 全世界の売り上げは700万枚以上と言われています。
ポップス

エリック・クラプトン『クリームの素晴らしき世界』

エリック・クラプトン、ジンジャー・ベイカー、ジャック・ブルースという3人のテクニシャンが互いに必要以上にライバル意識を露わにしたライヴと、キャッチなリフレインとよく練られた構成が光るスタジオ録音とのカップリングというのも魅力でした。
ポップス

ビーチボーイズ『ペットサウンド』

ブライアン・ウィルソンは、65年にノイローゼになっってしまい、コンサート・ツアーから外れ、作曲やレコーディング活動に専念していましたが、アルバムを出すたびに斬新な音作りをするビートルズの、特に『ラバー・ソウル』に刺激され、一つの完成されたアルバムを作ろうとした作品です。
ポップス

ローリング・ストーンズ『黒くぬれ』

60年代半ば、東洋思想・東洋音楽がロック界で脚光を浴びました。 発端はビートルズのインドへの興味からだったが、1~2年後には音楽の流行にもその影響が敏感に反映されるようになりました。神秘的なインド音楽の旋律=ラーガを取り入れたストーンズの『黒くぬれ』もそんな時代の流れを如実に反映している。
ポップス

『ジョンの魂』ジョン・レノン 生誕80年 没後40年

1980年12月9日午後(日本時間)。僕はその悲報を聴きました。8日夜遅く、ジョンが射殺されたらしい、と。その日、僕は大学近くの喫茶店でアルバイトしていました。そこには、大学のDJ研究会の連中とかよく集まっていました。だから音楽関係の情報は早いのです。
ポップス

井上陽水 もどり道

井上陽水は、僕より9歳年上です。僕がギターを弾き始めた高校生の頃は、ずっと年上の人だと感じていました。若くして活躍するスポーツマンやミュージシャンは、中高生の時に夢中で聴いて、自分のアイドルだったり憧れの人だったりしますが、大人になった時、年が離れていないと感じ意外な気がします。
タイトルとURLをコピーしました